Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手の平均休日日数・取り方・過ごし方|週休2日

トラック運転手の平均休日日数・取り方・過ごし方|週休2日

皆さんこんにちは、今回は「トラック運転手の平均休日日数・取り方・過ごし方|週休2日」と題して、「トラック運転手の平均休日日数・取り方・過ごし方」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「トラック運転手」としての生活のあり方や関連情報についてご紹介します。

初回公開日:2018年06月11日

更新日:2018年06月11日

記事に記載されている内容は2018年06月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラック運転手の平均休日数

トラック運転手として働く場合は「運搬作業・物流企業」の部類に含まれるため、労働大臣から発せされた改善基準告示によってトラック運転手の仕事(運搬作業)が行なわれる必要があります。

この改善基準告示による休日の設定は基本的に「休息期間+24時間の連続した時間」の形で休日の指定がされているため、「休憩時間・休日を含めて30時間を下回ってはならないこと」が義務付けられています。

不規則なシフト体制

先述しましたようにトラック運転手の仕事というのは実に「不規則なシフト体制」によって物流作業が行なわれるため、人によっては「かなりキツイ仕事」となる場合もあるでしょう。特に長距離トラック運転手となれば、一か月間において「数日程度の休日」しかもらえない場合もあるため、とても過酷な労働環境で働く可能性も出てきます。

このようにトラック運転手の仕事にもいろいろとケースがあるため、「楽な仕事」や「過酷な仕事」というのは、そのトラック運転手個別によって変わってきます。その中でもやはり長距離トラックの運転手や、地域密着型で働く小回り作業に携わるトラック運転手の仕事というのは、どんな場合でも大変な仕事と言える場合が多いです。

週休2日

トラック運転手の仕事は基本的に「週休2日制」が取られている場合が多いですが、これも企業によって変わってくる場合があるため、一概に「完全週休2日制」と言うことはできません。企業によっては「週休1日」の場合もあるため、前もって自分が所属する企業については調べておくことが大切です。

給料制度では基本的に「月給」の形でもらえ、一般的な月給額は「30万円前後」となります。トラック運転手の仕事は基本的に肉体労働が主流となるため、体力に自信がある人や、トラック運転手として働くことに生きがいを持てる人でなければ、なかなか務まる仕事とは言いづらいでしょう。

週1日

先でも少し触れましたが、トラック運転手の仕事は基本的に「企業の方針によって変わる場合」が多いです。しかしその場合でも、改善基準告示にしたがう形で「休息期間+24時間の連続した時間」(休憩・休日を併せて30時間)という原則を守ることは義務付けられています。

しかしトラック運転手個別によっては、この「休日のもらい方」にしてもいろいろな取り方が出てくるため、確実に「休息期間+24時間の連続した時間」という形が守られることも不可能である場合が出てきます。たとえば一週間連続で働いて、その後の一か月間の日数を休日に当てる場合なども、トラック運転手によっては出てきます。

年末年始などはローテーションなど

この「年末年始などはローテーション体制」という仕事の方法は、非常に多くのトラック企業において採用されています。特に長距離トラックでの仕事の場合がこのローテーションを組んだ仕事方法を採用しています。

たとえば西濃運輸のトラック運転手の仕事では「週休2日、月平均9日の休暇取得」でありつつ、上記のローテーション制での仕事が普通に採用されており、複数のトラックターミナルを巡回しながら、最終目的に向かうという手法が取られています。

土日祝日がない場合も

どんなトラック企業の場合でも、必ず改善基準告示にしたがって「休息期間+24時間の連続した時間」(休憩・休日を併せて30時間)というルールを守らなければなりませんが、それでも年末年始やお盆期間など、とにかく多忙な期間では「休日を暗黙のうちに返上して働かなければならない」といった状況が出てきます。

これはもちろんトラック運転手による任意での仕事の仕方となるため、企業側が強制的に働かせることはできません。そのため、トラック運転手側によって「多忙な時期の物流の仕事を何とか切り抜けるアイデア」として土日休日がない場合が出てくることになり、その間はトラック内で仮眠を取りながら働くという状況もあります。

トラック運転手の休日の取り方

トラック運転手の休日の取り方と言っても、先述しました改善基準告示や労働基準法にしたがって決められた休日の取り方をしなければなりません。基本的にトラック企業では「一か月間での拘束時間としては293時間まで」という原則を守らなければならず、それを超えての強制労働は違反となります。

労働協定を結んだ場合であれば上記に加える形で「320時間までの拘束時間」が可能となり、それらの「あらかじめトラック企業において取り決められた労働時間・休暇期間」にしたがって休日を取る必要が出てきます。

休息時間よりさらに長い休み

「休息期間よりさらに長い休み」についてですが、これは基本的に「休息期間と休日の違い」のことを指しており、休息期間というのは一般的に「仕事から離れたプライベートでの休憩」のことを指すため、仕事中を意味しません。休息時間は「1日に8時間以上」という決まりがあります。

この「休息期間」よりもさらに長い休みとして設けられているのが「休日」で、この場合は「休息期間に24時間をプラスした期間」という形になります。

休息時間

先述しましたが、休息期間というのは「完全に仕事から離れたプライベートでの時間」を指し、つまり一般的なトラック運転手の生活時間そのものを指します。いくら仕事が多忙を極めているからと言って、このプライベートでの生活時間を企業側が削り取ることは原則としてできません。

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の具体的な仕事についてですが、これは基本的に「物流企業で行なう仕事・肉体労働」として認められることが多く、この労働環境にプラスされる形で、地域交流を含めた宅配ドライバーなどの「地域密着型で行なう仕事」が加算されてきます。

積み荷によっては危険もある

Bottom banner

トラック運転手の仕事としてメインとなるのは、「運搬業」として認められる「積み荷の持ち運び」であるため、やはり積み荷によっては「危険な仕事」とされる場合も普通に出てきます。

たとえば積み荷として「天然ガス」や「多数の大きな木材」を物流として持ち運ぶ・運搬する場合も普通にあるため、そういった積み荷の内容物によっては運転する際によほど注意が必要とされることがあります。

特にこの場合に多い危険性として「交通状況による危険性」で、たとえば渋滞している際には車両の運転が困難となるため、その間に積み荷を縛っていたロープやワイヤーなどが切れてしまい、後続車両まで危険に巻き込んでしまう可能性も出てきます。

荷物の積み下ろし

トラック運転手の仕事というのはなにも「トラックの運転だけ」を指すものではなく、基本的には「荷物の積み下ろし作業」が必ずその仕事のうちに含まれてきます。つまり、引っ越し作業で見られるような過酷な肉体労働条件も普通に加算される場合があるため、それなりの体力自慢の人でなければ通用しない場合が想定されます。

免許取得について

トラック運転手の仕事は文字どおり、いろいろなトラックを運転する技術が求められる場合があるため、5トントラックから11トントラックを運転するのに必要な「中型自動車免許」の取得が必要な場合や、11トン以上のトラックを運転するのに必要な大型自動車免許の取得が必要になる場合も出てきます。

このように、トラック運転手の仕事は「運転する車両のタイプ」によって取得するべき免許の種類が変わってくるため、前もって「自分が携わる仕事」について下調べしておき、必要とされる免許取得を修了しておくことが求められます。

地域密着型の仕事

トラック運転手の仕事についてよく言われるのは、「運送するだけが仕事ではない」という決まり文句で、最近のトラック運転手の仕事で重要なことは「地域交流を含めた宅配ドライバーの姿勢をしっかり持つこと」とされています。

つまり、顧客や各地域に住む人たちとの交流を大事に取る上で、企業として行なうべき仕事をしっかり完結するというマルチな仕事のあり方が必要とされるため、「ずっとトラックを運転して運搬作業だけに携わる」という一辺倒な仕事のあり方では求められる実力としては不足する場合があります。

トラック運転手には接客要素も含まれる

先でも少しご紹介しましたように、トラックを運転手の仕事というのは従来のあり方からかなり変わってきており、現代では「地域交流を大事にする、接客要素に重点を置いた企業方針」が多く採用されている傾向が見られます。

「ただ荷物を運ぶ」という作業だけで終わらず、人と人とのつながりや、人のために役に立つという本来の仕事のあり方として「当たり前の姿勢」を身に付けておくことによって、物流の仕事も地域発展のために役立たせようとする「発展的な仕事のあり方」が重要視されています。

トラック車内で仮眠を取ることも

先述しましたように、トラックを運転手の仕事というのは時期によっては多忙を極めることもあるため、その場合は「トラック内で仮眠を取って、次の仕事へ向かう」といった、半ば芸能人ばりの忙しさに見舞われることも多くあります。

これは改善基準告示によって施行される「休息期間+24時間の連続した時間」とはまた別の多忙の場合であり、仕事中でどうしても休憩が得られない場合の労働環境において「完了しなければならない仕事」が発注された際には、物流企業としてはその仕事を必ず終えなければならない義務が生じてきます。

24時間の休日確保

先述しました「改善基準告示」によれば、休日は「休息期間+24時間の連続した時間」と決定されているため、休日のあり方を考慮する場合にはこの「24時間」以上の休息・休日を必ず設けておかなければならないという義務が生じます。

この休日のあり方は土日祝日を含めて設けられる一般的な休日の取り方であり、トラックを運転主の仕事としても「一か月間で取れる休日の日数」は一般企業の場合とほとんど同じになります。

休日労働は2週間に1回が限度

企業によっては多忙を極めて仕事をさせる場合が多いこともありますが、その場合でも先述しました原則的な労働条件は守られる必要があります。そのため、休日労働をトラック運転主に課す場合であっても、その労働時間が改善基準告示で決定された条件を破棄してしまうようなものであってはいけません。

そのため、土日祝日を含めた休日がどのトラックを運転主に与えられる労働条件を踏まえた上で、「休日労働を課す場合でも2週間に1回程度」という原則は必ず守られる必要があります。

トラック運転手の休日の過ごし方

トラック運転手の休日の過ごし方についてですが、これは一般企業で働いている人の場合とほぼ変わりません。しかし、休日労働を課せられる場合が一般企業で働く人よりも比較的多い傾向が見られるため、「常に携帯電話を横において自宅待機する」といった少々過酷なプライベートでの生活を送る人も実際にいます。

しかしこうした場合はたいてい「主任」をはじめ役職に就いた上位の立場にある人の場合が多く、新人のトラック運転手がいきなりこのような環境に置かれることはほとんどありません。こういった環境はたとえば、介護福祉士などのサービス業で働く人の場合とほぼ同じとなるでしょう。

トラックを運転主の仕事を正確に把握しましょう

いかがでしたか。今回は「トラック運転手の平均休日日数・取り方・過ごし方|週休2日」と題して、「トラック運転手の平均休日日数・取り方・過ごし方」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「トラック運転手」としての生活のあり方や関連情報についてご紹介しました。

トラックを運転主の仕事と言っても「ただトラックを運転するだけが本来の仕事ではない」という、ある程度の「地域密着型の仕事に重点を置いている」といった傾向は、これは皆さんにとっても意外と違ったイメージが湧かされたことでしょうか。

トラック運転手の仕事は確かに肉体労働を必要とし、さらに休日が少ないという環境も現実にこれまで言われてきましたが、現代ではその環境が大きく改善されています。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人