Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手の人手不足の原因・対策・今後の課題|宅配便増加

トラック運転手の人手不足の原因・対策・今後の課題|宅配便増加

トラック運転手の人手不足は、何が原因で起こっているのでしょうか。また、改善するにはどうすれば良いのでしょうか。このぺージでは、「トラック運転手の人手不足」について、原因や対策方法、今後の課題などについて、考察・ご紹介しています。

初回公開日:2018年06月11日

更新日:2019年02月19日

記事に記載されている内容は2018年06月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


どうして足りなくなる?トラック運転手の人手不足

日本は世界でも、豊かな国だと言われています。その理由の1つに、物流が挙げられるでしょう。日本の物流は大変優れており、日本中どこへ行っても、食べ物や日用品、嗜好品などを購入できるようになっています。上記のように優れた日本の物流を支えているのは、トラックで荷物を日本中に運んでいる、トラック運転手たちだと言えるでしょう。

しかし、日本の物流の要とも言えるトラック運転手は、近年は人手不足に陥っていると言われています。なぜ、トラック運転手の人手が不足しがちなのか、気になるところです。

そこで今回は、「トラック運転手の人で不足」をテーマにして、トラック運転手の人手不足の原因や対策方法、今後の課題などについて、考察・ご紹介していきます。

トラック運転手の人手不足の原因

早速、トラック運転手がなぜ人手不足の状態に陥っているのか、その原因や理由について、考察していきます。

冒頭でもご紹介したように、トラック運転手は日本の物流を支えている存在です。そんなトラック運転手の人数不足がこのまま続きさらに深刻になると、運送・配送業は大打撃を受け、日本の物流システムにも大きな影響を及ぼす可能性が考えられます。ですからこの機会に、トラックの人手不足を深刻な問題と受け止め、原因や理由について考えてみましょう。

人手に変動はない

トラック運転手の人手不足は、人数が減少しているというわけではありません。近年のトラック運転手の人数は、大幅に減少したり増加したりしているわけではないと言われています。いわゆる、横ばいの状況なのです。

しかし、現状では仕事の量に対してトラック運転手の人数が不足しています。ですから、トラック運転手の人数が増加傾向、もしくは仕事が減少傾向に転じない限りは、人数不足の状況は続くと予想できます。

宅配便取扱数の増加

ここ数年、日本国内の宅配便取扱数は、増加し続けていると言われています。そのため、荷物を運送・配送するトラック運転手の仕事は、増え続けていることになります。

一方で、トラック運転手の人数は、上記でもご紹介したとおり、大きな変動がありません。仕事が増え続けているのに対して、トラック運転手の人数は特に変わらないため、トラック運転手の人数不足となっていると予想できます。

量に対応できない

上記でもご紹介したとおり、近年のトラック運転手の人数は、大きな減少も増加もない、横ばいの状態だと言われています。一方で宅配便取扱数は年々増えていると言われています。

トラック運転手の人数は増えていないのにもかかわらず、宅配取扱数が増え続けているため、運送業界では仕事の量に対応しきれない状態が続いていると考えられます。そのため、トラック運転手1人あたりの負担も、増えていると言えるでしょう。

上記のような背景から、人手不足によってトラック運転手1人1人の負担が大きくなり、長時間の労働や拘束が増えていると考えられます。また、トラック運転手は過酷な労働をしなければならない機会が多くなり、「トラック運転手になりたい」という若年層が少なくなってしまう危険性も考えられます。

トラックの積載効率の悪さ

仕事の量が増え、トラック運転手は人数不足になりがちな状態ながらも、トラックの積載効率は、あまり良くないと言われています。近年は、トラックの積載効率が下がりがちだと言われており、積載効率の悪さもまた、トラック運転手の激務に繋がり、人数不足の原因の1つとなっている可能性が挙げられます。

また、積載効率が悪いと、仕事の効率も悪いということになります。効率が良くない状態で、トラック運転手1人1人がたくさんの仕事を請け負わなければならなくなり、若年層のトラック運転手という職業へのイメージダウンに繋がっている可能性も考えられます。

業務効率が悪化させる荷待ち

トラック運転手といえば、トラックをいつも運転しているイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし実際には、荷物を積んだり下したりするのもトラック運転手の仕事となっています。その際、時には荷主の指示や都合に合わせなければならず、時間になるまで荷物の積み下ろしなどができないケースもあります。そのような時間を「荷待ち」などと言います。

荷待ちの時間が生じると、トラック運転手は待機しなければならなくなります。数十分であればそこまで問題ありませんが、長時間の荷待ちとなるケースもあると言われています。荷待ちの時間が長時間になると、トラック運転手はただ待機しているしかなくなり、トラック運転手の業務効率が下がると言われています。

ですから、荷待ちの時間もまた、トラック運転手の人手不足の原因の1つと言えるでしょう。

トラック運転手の人手不足の対策方法

続いては、上記で挙げた数々の問題や原因から生じるラック運転手の人手不足を、どのようにすれば改善・解消できるのか、対策方法について考察していきます。

トラック運転手の人手不足は、業界だけの問題ではありません。物流によって日本の豊かで便利な暮らしが成り立っていることから、トラック運転手の人手不足は、国全体の問題だと言えるでしょう。ですからこの機会にぜひ、トラック運転手の人手不足の対策について、考えてみて下さい。

荷待ちの改善

トラック運転手の人手不足の対策方法の1つとして、荷待ちの改善が挙げられます。上記でもご紹介したように、荷待ちはトラック運転手の作業効率の低下を招き、トラック運転手1人あたりの負担を増やすものだと言われています。そのため、荷待ちによってトラック運転手の負担が増え、人手不足に繋がっているとも考えられます。

ですから、荷待ちを改善することで、トラック運転手の労働環境も改善され、人手不足の解消に繋がる可能性があります。荷待ちの改善方法の1つとして、荷待ち時間の記録の義務が挙げられます。最近では、荷待ちにかかった時間を記録することになっており、特定の時間以上の荷待ちをした場合は、保管書類として会社に提出するというルールが定められています。

高齢化に備えた雇用促進

現在、トラック運転手の人数は、大幅な増加も減少もない状態だと言われています。しかし、現在トラック運転手として活躍している人々が高齢化により、定年や引退をしてしまった場合は、トラック運転手の人数は大幅に減少してしまうことになります。ですから今のうちから、トラック運転手の高齢化に向けて、雇用の促進などをしておくことが大切だと言われています。

雇用促進するための方法としては、以下のような方法や手段が考えられます。

給料の改善

Bottom banner

トラック運転手の給料は、激務が多い割りには安いと言われています。一般的には、なるべく高い給料が欲しいと思っている方が多く、激務なのに給料が安い職業に就きたいと考えている方は、大変少ないと予想できます。ですから、激務ながらも給料が安いケースが多いと言われているトラック運転手は、高額な給料を得たい人にとっては、なりたい職業ではない可能性が考えられます。

上記のような背景から、多くの人が「トラック運転手になりたい」と感じるよう、改善していく必要があると考えられ、そのための方法の1つとして、給料の値上げや改善といった方法が挙げられます。

労働時間の見直し

長距離トラック運転手の場合は、労働時間も長時間労働となるケースが多いと言われています。上記でもご紹介したとおり、トラック運転手は過酷な労働が多い割りに、給料が高いものではないと言われています。労働時間に対して給料が安いケースが多いという点も、トラック運転手への志望者の増加を阻む原因となっていると考えられます。

ですから、トラック運転手の労働時間についても、見直す必要があると言えるでしょう。また、どうしても残業などで長時間労働になってしまう場合は、時間に見合った給料や残業代の支払いを徹底することも大切だと言えそうです。

休日を取れるようにする

上記でもご紹介したとおり、トラック運転手は長時間労働が多い職業の1つだと言われています。また、近年は仕事の量が増加傾向にあるため、1人1人のトラック運転手が受け持つ仕事の量も、増えてきていると考えられます。そのため、中には週休1日すらままならない状態で働いているトラック運転手もいると言われています。

休日が少ないと、トラック運転手になりたいと感じる人が、少なくなってしまう危険性があります。雇用促進を目指すのであれば、休日を取れるようにするなどの改善も、重要だと考えられます。

荷物の積み下ろし

トラック運転手にとって、荷物の積み下ろしは過酷な業務だと言われています。たくさんの重い荷物の積み下ろしは、トラック運転手の仕事だとされており、手作業で行うケースが多いと言われています。中には、荷物の積み下ろしによって、腰などを痛めてしまう方もいらっしゃると言われています。

過酷な労働は、トラック運転手を志望する人の増加の妨げになる可能性もありますし、現在活躍しているトラック運転手の引退を早める危険性があり、トラック運転手の人手不足の原因の1つと考えられます。ですから、特に過酷だと言われている荷物の積み下ろしの方法などについては、改善していく必要があるでしょう。

トラック運転手の人手不足による今後の課題

続いては、現在のようにトラック運転手が人手不足の状態が続く場合は、今後どのような課題や問題点が出てくるのか、考えていきます。

トラック運転手の人手不足による今後の課題や問題点を学び、日本の物流や運送業の未来についても、考えてみて下さい。

運転手の高齢化

トラック運転手の人手不足が続いた場合、現在トラック運転手として働いている方々に、戦力として働き続けてもらうことになります。しかし、人間は誰でも歳をとります。歳をとると、体力が落ちたり動きづらくなったりし、仕事を続けることが難しくなります。特にトラック運転手の場合は、長時間労働や力仕事も多いため、高齢者には厳しい職業だと言えるでしょう。

上記のような背景から、現在トラック運転手として働いている人が高齢化した場合、さらに人手不足に陥ったり、現在のシステムのままでは運送業界が成立しなくなったりする可能性も考えられます。

人手の確保

上記でも触れたように、現在活躍しているトラック運転手が、高齢化により一気に定年や引退となった場合、トラック運転手の業界全体の人数は大幅に減少し、さらなる人手不足に陥る危険性があります。ですから、今のうちから新たな人手を確保することは、運送業界の今後に大きな影響を与える重要な課題だと言えるでしょう。

人材を確保するには、「トラック運転手になりたい」と感じる若年層や若手を増やしていく必要があります。そのためには、待遇の改善や給料の値上げなども課題となると考えられます。

仕事の効率化

荷待ちや荷物の積み下ろしなどもあることから、現在のトラック運転手は、効率的に仕事をすることができないケースも多いと言われています。その結果、トラック運転手1人1人の負担が増え、激務となったり人手不足になったりしていると予想できます。

ですから、運送業界やトラック運転手を雇っている会社にとっては、トラック運転手が効率的に仕事ができるように、スケジュールの調整をしたり、システムを変えていったりすることも、課題だと言えそうです。

仕事量の調節

近年は、ネット通販などの影響もあり、運送業界の仕事は増加する一方だと言われています。変動が少ないトラック運転手の人数に対して、仕事の量が増え続けているために、トラック運転手が人手不足に陥っていると考えられます。ですから、運送業者などでは、仕事の量を調節して請け負うことも、大切だと言えるでしょう。

さらに、運送業者同士で価格競争をしてしまうと、トラック運転手は安い給料でたくさんの仕事をこなさなければならなくなります。ですから、仕事量とともに、運送業者が仕事を請け負う際の料金なども、見直していく必要があると言えそうです。

トラック運転手の人手不足は他人事の問題ではない

いかがでしたでしょうか?今回は、「トラック運転手の人手不足」をテーマにして、トラック運転手の人手不足の原因や対策、今後の課題などについて、考察・ご紹介しました。

トラック運転手は、日々さまざまな荷物を日本各地に運んでいます。トラック運転手の人手不足の状態がより深刻になると、日本の物流が機能しなくなる可能性もゼロではありません。ですから、トラック運転手の人手不足は、運送業界だけの問題ではないと言えるでしょう。

これからは、トラック運転手の人手不足について、国全体で向き合っていく必要があると言えそうです。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人