Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手平均ボーナス・推移・特徴|制度のない会社が多い

トラック運転手平均ボーナス・推移・特徴|制度のない会社が多い

最近では女性が働いている姿も目にするようになったトラック運転手という仕事ですが、大変そうな仕事であるという印象が強いです。その分ボーナス額などが気になります。今回はそんなトラック運転手のボーナスについて、検証していきます。

初回公開日:2018年06月26日

更新日:2018年06月26日

記事に記載されている内容は2018年06月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラック運転手の平均ボーナスは

一口にトラック運転手といっても、比較的短距離のものから長距離の仕事までその種類はさまざまです。今回はそれらを一つに考え、トラック運転手全体の平均ボーナスの金額について考えていきます。あくまでも平均になるので、自分自身の経験や能力によってさまざまな部分がかわってくることになります。

大変な仕事であるという印象がありますが、果たしてどれくらいの金額になるのでしょう。トラック運転手を目指している方も、そうでない方も参考になるといいです。

勤続年数や距離などによって変わってくる可能性

トラック運転手という仕事は、色々な形態の仕事が含まれてくる職種になるため、一つにまとめて考えるには難しい職種になります。どんな仕事にも言えることですが、もちろん勤続年数などによっても変化がみられるため、あくまでも年齢で区切った平均を今回は考えていくことになります。

比較的短距離、定時などできっちりと終わる仕事もあれば、長距離であり何日もかかってくる仕事もあるでしょう。大型トラックの場合もありますし、小型トラックの場合も考えれます。今回は、それらもふくめてあくまでも目安としての金額になります。

免許の取得に時間がかかる場合もある

仕事上運転することになる車の大きさなどにもよりますが、大型や中型のトラック運転手を目指す場合、まず免許の取得が必要になります。それには年齢制限などがありますので、知っておくことが必要でしょう。

一般的には、普通免許を取得してから2年後に中型の、3年後に大型の免許取得の条件は満たすことになります。18歳で普通免許を取得している場合には、中型で20歳、大型であれば21歳での取得が一番早いということになります。

年齢別で考えるトラック運転手のボーナス平均推移

それでは年齢別に考えていくと、ボーナスにはどれくらいの金額の差があるのでしょう。20代~60代までで考えていくことにします。トラック運転手の中でも、さまざまな種類の仕事がありますが、今回はその中でもトラック運転手ときくとイメージとして浮かびやすい、大型の長距離などのトラック運転手を例に考えていきます。

20代の場合

まず最初に20代で考えていきますが、平均ボーナス額は16万円程度、25~29歳では20万円程度が平均ボーナスになります。そもそも大型のトラック運転手となると、免許証の取得に時間もかかり、最初の普通免許などを取得してからの期間にも関係があるため、まだまだ若手であり、仕事についてそれほど経験もない状態であるともいえます。

どんな仕事であっても、ある程度の経験や勤続年数がなければ、中々ボーナス額も上がらないでしょう。最初から高額な仕事は多くはないです。そこであきらめることなく、続けていく努力も大切でしょう。

30代の場合

30代で考えていくと、30~34歳では26~27万円程度、35~39歳では31万円程度がボーナスの平均とされています。30代後半ともなると、20代の前半から勤めている場合であれば、勤続年数も10年以上になってくると考えられます。その分、自分自身の経験値も上がっていることも予想され、それがボーナスなどにも反映されてくる時期であるともいえます。

トラック運転手は、能力が問われる仕事になります。スキルアップなどの努力を怠ることなく、健康管理もしていくことが大切な年代でしょう。

40代の場合

40代では平均して32万円前後のボーナス額です。40代といえば、どんな仕事についていたとしても、そこそこの立場にたって仕事をおこなっていく時期になります。その分、責任感も必要になる年齢層であるともいえます。他職種と比べると、ボーナス額が少し低く感じられてくるのもこの年代になるでしょう。

勤続年数で考えてみても、20代から勤めている場合には、20年ほど勤めることになってくるので、そこそこ長くなってきます。体力的にも20代のころのような無理がきかなくなってくることも考えられ、要領の良さなども問われてくる年齢になるでしょう。

50代の場合

50代でのボーナス額の平均は、34万円程度とされています。このころになると、業種によっては他の業種の方が、長く勤めている場合に特にボーナス額などに差などを感じてくる年代になるでしょう。仕事の内容に関しても、より責任ある立場を求められる場合も考えられます。

運転スキルなどは上がっていることが考えられますが、特に長距離の運転を行う場合には、日々の健康管理などをしっかりと行うことが大切になってくる年代でもあるでしょう。

60代の場合

60代になると、身体に負担のかかるような時間設定での配送などは、辛い場合も考えられます。ボーナス額に関しても、50代の頃から考えると平均して下がり、60~64歳が20万円程度、定年後も再雇用などで働いた場合、65~69歳までは13万円程度がボーナスの平均とされています。

身体にかかる負担も大きいことが考えられますし、事故などのリスクも考えていく必要があり、ボーナスも下がってくることになれば、トラック運転手を続けていくには厳しい状態であるといえます。

勤めている会社の規模についても違うボーナス額

Bottom banner

トラック運転手の仕事は、勤めている会社などの規模によって、賃金などに大きな差が出てくる職種でもあります。大なり小なりどんな仕事であってもいえることではありますが、やはり規模の大きな会社に属しているトラック運転手の方が、賃金やボーナスの面で良い場合が多いです。

規模の大きい会社に勤めるメリットとデメリット

単純にボーナスなどの面で考えていくと、やはりある程度大手のトラック運転手である方が、色々な面で優遇されている部分も多いでしょう。その分、就職する際の競争率の激しさなどが予想されるため、転職などを考えている場合には、自分自身によりスキルが求められるでしょう。大企業ともなれば、たくさんの人が勤めていることにもなります。

その分、作業がマニュアル化されており、自分の仕事の部分が明確である場合もあるでしょう。自由度といった面では、無いと感じる部分も考えられますが、それでもその方が精神的に楽であると感じる場合もあるでしょう。

自分自身のリズムなどがあり、仕事にある程度自由度を求めている場合については、大きな企業よりも人間関係などを意識した上で、融通がきく企業や会社の方が長く続けることができる可能性があります。

規模の小さい会社に勤めるメリットとデメリット

比較的小規模の会社にトラック運転手として勤める場合、メリットとしては、まずはわずらわしい人間関係を少しでも減らすことができるといった点があります。人が多くなればその分どうしてもトラブルなども増えます。

人数が少ない場合には、デメリットとしては自分自身にかかってくる作業などの負荷が多くなる可能性などが考えれますが、一概にすべてがそうであるとも限らないです。規模の小さい会社はどうしてもボーナス額などにおいても、金額的に低くなっている部分がみられます。その部分もデメリットになります。

トラック運転手のボーナスの特徴

トラック運転手のボーナスの上がり方などには、どのような特徴があるのでしょうか。就職や転職を考えた場合に、とても気になる部分ではありますが、年齢別にみていくことによって、わかってくる部分もあります。

一概に年齢で区切ることはできない

まず最初にいえることは、年齢で区別をしてしまうことは難しい職業であるということです。経験や勤続年数、能力などに大きく左右されることになります。そもそもボーナスの制度のない会社もあります。条件などをしっかりと理解することも大切でしょう。

金額的にも多い職業ではない

次にいえることは、その他の仕事などと比べると、比較的ボーナスなどが低い傾向にあるともいえます。所属している職場にもよる部分ではあります。就職する場合には給与形態などについても、しっかりと調べておく必要があります。

トラック運転手は歩合制なのか

トラック運転手は、ボーナスがもらえないとの一部情報もあります。その場合には給料が歩合制であり、すでに自分の努力次第で歩合が給料に含まれる場合もあります。給料が基本給+歩合であるか、給料+ボーナス制であるかについては、会社や企業によって異なりますし、自分自身の雇用形態によっても違ってくることになります。

ボーナス制度のない会社も多い

トラック運転手に関しては、元々ボーナス制度のない会社もあります。元々ボーナス制度のない会社の方が多い可能性も高い職種です。特に長距離のトラック運転手ともなれば、勤務形態が非常に複雑になってきます。単純に時間給などで区切って考えることが難しく、拘束時間などについても、場合によっては非常に長くなってきます。

決められた時間に決められた場所にしっかりと配送を行うことが求められる仕事であるため、その目的を達成することが大前提です。そのため、しっかりとそういった規律や約束事などを守りつつ、運転中の安全にもしっかりと配慮しながら荷物を運ぶことのできるスキルの高さが要求されることになります。

単純に定額のボーナスがつくことよりも、歩合で給料が増えることの方が、努力がしっかりと評価されるとも考えられます。

自分自身の能力にあった仕事を選ぶ

どんな仕事であっても同じことではありますが、自分自身の持っている能力に合った内容の仕事を選んでいくことがとても大切です。最初から非常に高収入を提示している会社については、その内容が自分の能力などに合っているか、しっかりと勤めることができるかを検討することが必要です。

トラックの運転手に憧れていたとして、それでもそれほど運転スキルなどについて自信がない場合には、無理に大型トラック運転手などを目指すのではなく、まずは近場などの配送の仕事などを請け負っている会社などを目指してみるのも一つの方法でしょう。

時間についても、夜間の運転に自信がない場合には、日中のみの配送の仕事もあります。自分自身の能力を超えた無理をしないことが、長く続けていくことへの要素になるでしょう。

健康管理を大切に

トラック運転手に限った話ではありませんが、配送などの仕事は車両の運転を行うことになります。それは当たり前ですが、非常に大きな危険もはらんでいることになります。身体に無理な負担をかけることによって、取り返しのつかない事故などを招くリスクがついて回っています。

大きな車両を運転することの責任は重大であり、自分だけの話ではないです。トラック運転手を目指す場合には、その責任を負う覚悟をしていく必要があります。単純に憧れだけで就くことのできる仕事ではないです。

健康管理もしっかりと行う必要があります。特に年齢が上がってきた場合には、ちょっとした変化も見逃すことなく、しっかりと体調を整えて勤務に臨むことが大切です。そうすることによって、確かな信頼にも繋がっていくことになります。それはボーナスや歩合のアップにも通じていくことになるでしょう。

トラック運転手という仕事

今回はトラック運転手のボーナスの金額の面から、トラック運転手について書いています。トラック運転手と聞くと、まだまだ男性の仕事であるといったイメージを持つ方も多いでしょうが、最近では女性のトラック運転手も増えてきています。女性でも比較的運転しやすい短距離のものや、軽トラのような小さめのトラック運転手もあります。

そうではなく、女性であっても大型トラックを颯爽と乗りこなし、高い運転技術を持っている方もいます。歩合制であったり、実力や努力で自分自身が評価されることになる部分から、女性であっても高い技術を身に着けることによって、男性よりも稼ぐことのできる可能性のある仕事でもあります。

難しく厳しい仕事ではありますが、個人の努力次第で上を目指すことのできる仕事なので、これからも女性のトラック運転手が増えてくる可能性もあります。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人