Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手が残業代請求方法・未払いが多い原因・計算方法

トラック運転手が残業代請求方法・未払いが多い原因・計算方法

今回は「トラック運転手が残業代請求方法・未払いが多い原因・計算方法」と題して、「トラック運転手が残業代請求方法・未払いが多い原因」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「トラック運転手にとっての残業代のあり方」についてご紹介します。

初回公開日:2018年06月11日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年06月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


残業代とは

残業代というのは「法定労働時間によって定められた、労働基準法で制定されている実質労働時間以上の超過勤務に対して支払われるべき個別報酬」のことを指しており、この超過勤務に対して支払われるべき報酬というのは一般的に「残業代」や「手当」という形で呼称されています。

残業手当について

残業手当というのは先述のとおり、「労働基準法によって定められている9時間拘束8時間労働以上の勤務が課された場合に発生する、社員個別に対して割り当てられる個別報酬」のことを指すため、必ず超過勤務を課した企業はその残業手当を支払う義務が課されます。

この残業手当を一般的に支払わないという企業はどこを探しても存在するはずはなく、もしそれでも存在するという場合は「違法企業であること」が即座に判明することになります。

残業代は見逃されている場合が多い

一般的に多くの企業では、特に「労働基準法によって定められている9時間拘束8時間労働」の枠をしっかり把握した上で、その労働枠での給与算出を原則にしていることもあり、そのため「残業を課した日数を忘れている場合」というのが実際多くのケースによって認められています。

特にサービス業やベンチャー企業などの「シフト体制がはっきりしていない企業(早出・日勤・夜勤などがある企業)」の場合では、変動するシフト体制の中での残業日数の割り当てとなるため、これはたとえば同じシフト体制で動くことになるトラック運転手の仕事においても同じことが言える場合が非常に多く見受けられます。

トラック運転手の残業代金額相場

トラック運転手の仕事にはいくつもの分野が存在するため、一概に「残業代が○○円」という形では報告されにくい現状が一般的な見方としてあります。そのため、相対的な見方によって運搬業・運輸業・郵便業などとその「看板となる業種名」によって残業代が認められる形となります。

一般的にトラック運転手の仕事(運輸業・郵便業・運搬業)としての平均的な残業代は、「4万5,116円」となり、これは一か月当たりでもらえる残業代の相場となります。

トラック運転手の仕事は残業が多い

トラック運転手の仕事というのは特に「シフト体制」がそれほどきっかりと決められていない仕事環境ということもあるため、たとえば休日出勤などによってシフト変更が行なわれる場合も多々見られることになります。

そのためトラック運転手の仕事を行なう際には、「どの範囲までが通常業務で、どこからどこまでの範囲が残業に組まれるのか」という労働時間の設定・見分け方に非常に難点が生まれてくる場合が多く、この点において「残業代が正当に支給されない」といった違法による現状が発生しやすくなります。

トラック運転手が残業代を請求する方法

先述までにご紹介しました「トラック運転手の仕事環境」に配慮する上で、トラック運転手の仕事を行なう際には「残業代請求の方法をしっかり各自で把握しておき、自分で自分の身を守る」といった処世術、あるいは正当な報酬の支給法を覚えておくことが必要でしょう。

トラック運転手の仕事というのはやはり過酷な労働環境が課される場合が多く、加えてシフト体制の上でも「実務時間と休息時間との境目がはっきりしない」という現状もあるため、上記の「自分で行なう請求方法」への知識をしっかり踏まえておくことが重要です。

弁護士に相談する

先述の「トラック運転手が残業代を請求する方法」について最も確実な方法は、まず弁護士に請求を依頼しておき、「実際にどれだけの未支払いの残業代が自分にあるのか」という内訳をはっきり明示してもらうことがベターとなるでしょう。

この弁護士に給与明細・残業代の内訳を確認してもらう際には「内容証明」という「労働者の実務時間を法的に証明できる実務時間が記載された書類」をまず確保することが必要となり、その「内容証明(通知書)」をもって所属先の企業へ書類を提示することになります。

その間の労働時間は事実上でス有数される形になり、まずは実務労働時間の割り出しと、その労働時間内で(企業側が)不正に隠蔽している残業代の算出を正確に行なうことに徹する交渉となります。

残業代請求の証拠整理

先述しました「弁護士に相談する上での残業代請求法」にはまず、その残業代請求に必要な各書類が必要となり、それらは一般的に「残業実務を証明するための証拠品」として扱われることになります。

この証拠品には、「タイムカード」、「業務日報・運転日報」、「配車票」、「タコグラフ(デジタコデータ)」、「車載カメラのデータ」、「業務報告メール」、「携帯電話の発着信(「荷受け」の連絡)」、「配送時刻のデータ」、「アルコール検知記録」などが必要となり、これらの証拠品・物品をすべて取り揃えておくことが最重要の前提となります。

つまりは「その残業で課された仕事内容が確実に存在したこと」を第三者に証明できればそれでよいことになります。

運行記録や時間の確認

先でご紹介しました残業代請求のための証拠整理についてですが、この場合の証拠として最も重要な記録は「運行記録とその作業に掛けられた時間の記録」であり、その作業(残業)が確実に企業側から課せられたものであることを証明しなければ、この際の残業代請求においては効果を発揮しなくなってしまいます。

この場合も同じく「企業からその仕事を残業として課され、その仕事を残業として行なったこと」が第三者に認められることがまず大切となり、そのための証拠品データの提示の形となります。

トラック運転手の残業代未払いが多い原因

「トラック運転手の残業代未払いが多い原因」として最も多い例としてあげられるのが「歩合制によって給料だけが先に支払われ、残業代が先送りの形とされているケース」です。歩合制というのは「ノルマ制」と同じく、「その仕事をすればした分だけ、上乗せの形で報酬が与えられる」というタスク業と同じとなります。

そのため、実務労働時間と残業時間との内訳がはっきり明示されないことも多く、また特にトラック運転手の仕事を賄っている「昼夜を問わない労働環境・シフト体制」の実情も加算されるため、「この場合の残業代請求をどのように行えばよいのか」という重要なポイントが見落とされがちになってしまいます。

労働時間が長い程会社が儲かる

Bottom banner

この場合の「労働時間」というのは「残業に掛けられる時間」ではなく、「労働基準法に則った正規の労働時間帯」のことを指し、つまり「9時間拘束8時間労働」という時間枠の中で課される労働時間を一般的には指します。

しかし運搬企業・運輸企業にとっては、「トラック運転手個別に長時間の労働を課すことによって、さらに仕事率を上げよう」とする暗躍的な商法を取り入れている場合も見られることがあり、これらの商法は完全に違法的な行動として認められることになります。

この「労働時間を長くすれば長いほど会社が儲かる」という1つの理念に則った上で「残業代請求を受理せずに、そのままトラック運転手個別に労働を課すこと」が実際に見受けられ、その事実が発覚した場合は直ちに残業代請求の算段をする必要があります。

状況別トラック運転手の適切な残業代計算方法

一般的に企業側にこの「残業代請求の計算方法」を聞いても、教えてくれない・うやむやにされる場合が非常に多く、正しい残業代請求の仕方をトラック運転手が個別で把握するというのはむずかしい場合が多いでしょう。

しかし実際には「残業代請求をむずかしくしているのは企業側」という現実もあるため、トラック運転手をはじめとする労働者側としても、必ず「確実に自分が受け取るべき報酬について算出するスキル」を会得しておくことが大切になります。

固定給

固定給というのは一般的に多くの企業が採用している「毎月に支払われる賃金体制」そのものを指します。つまり「時給換算によって算出される賃金」となるため、これはトラック運転手だけではなく、他種企業の場合でも同じ算出方法として扱われることになります。

トラック運転手が「固定給の場合の残業代請求」をする際には、「月給額を時給額に換算しておき、その賃金に割増賃金率を相乗する(掛け合わせる)ことによって、支払われるべき正確な残業代」が割り出されます。

歩合制

よく「歩合制・歩合給の場合は残業代が出ない」という話がささやかれていますが、歩合制・歩合給の場合でも残業代は当然算出されます。基礎収入の計算する際の計算方法を変えるだけのことであり、基礎的労働時間を「所定労働時間」としてではなく「残業時間を含めた総労働時間」によって残業代を算出すればよいだけです。

上記に加えて特に「休日出勤・深夜労働・その他時間外労働」が行なわれた場合でも、企業側は必ず歩合制・歩合給の採用に関わらず「割増賃金」を労働者側に支払う義務が法的に課されています。

他社業界との残業代の比較

先でも少し触れましたが、トラック運転手として働く場合でも、他種業界で支払われている残業代との比較をしっかり把握しておくことが大切で、その正規の残業代を踏まえておくことによって「自分が支払われるべき正しい残業代」を確認することができます。

電気・ガス産業の場合でもらえる平均的な残業代は「52,794円」、製造業でもらえる残業代は「36,718円」、学術研究に関する仕事の場合は「27,094円」、建設業でもらえる残業代は「24,091円」などとなっており、これらの正規にもらえる残業代を十分認識しておき、自分が所属している企業の正確な残業代をチェックしておきましょう。

ブラック運送会社の存在

中には稀に「ブラック運送会社」とレッテルが張られる運送業者も存在しており、この場合でも「残業代がきちんと払われないこと」をはじめとし、中には「給料額さえまともに支払われない」という違法が認められる場合も多くあります。

たとえばこの場合は「雇用契約書や給与明細書の存在が明らかにされないこと」がその例として多く認められており、少しでも怪しいと考えられる運送企業に所属している場合は、トラック運転手としては即刻自分の雇用形態についてきちんと調べ直すことが大切となるでしょう。

無事故手当も残業代に含まれるのか

無事故手当というのは皆勤手当などと同じく、社員個別に企業側から評価されたことによる「個別報酬」となります。そのため「残業代」とはまったく別の報酬となるため、もしこの無事故手当を「残業代」にしている事実があった場合には、しっかり残業代は残業代で別に支払われる必要があります。

皆勤手当ては残業代に含まれるのか

先述と同じく、「皆勤手当」というのも「無事故手当」と一緒で「会社が社員個別で評価する場合の恩赦・報酬」の形となるため、残業代には含まれません。ときどきこの「皆勤手当を実際に残業代としてすり替えている企業」などもあるため、「どの報酬が残業代として認められるのか」について正確に知っておきましょう。

労働基準法を指標にするとOK

労働基準法ではすべての労働条件に対して、「9時間拘束8時間労働」というあらかじめ設定された労働基準・条件を提示しています。

この「9時間拘束8時間労働」というのはトラック運転手の仕事をはじめとするすべての企業に制定されている「労働時間の指標」となるため、トラック運転手・運輸業に携わる場合でもこの「労働基準法によって定められた労働時間」を事前に把握しておき、それ以上の労働時間が課された場合は「残業代請求」を確実に視野に入れておきましょう。

トラック運転手の正確な残業代請求を理解しましょう

いかがでしたか。今回は「トラック運転手が残業代請求方法・未払いが多い原因・計算方法」と題して、「トラック運転手が残業代請求方法・未払いが多い原因」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「トラック運転手にとっての残業代のあり方」についてご紹介しました。

トラック運転手だけではなく「シフト体制が特殊な企業」というのは、この残業代請求がきわめて困難な場合がよく見られており、そのために「自分がもらうべき正しい残業代の算出法」についてしっかり学んでおくことが必要となります。

せっかく働いたのに、「その働いた分の給料がもらえない」というのはこれは企業側の違法行動となるため、自分で自分の身をしっかり守るためにも「正確な残業代請求法」について十分学んでおきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人