Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

【男女別】36歳の年収平均・中央値|転職後/営業

【男女別】36歳の年収平均・中央値|転職後/営業

36歳はテレビ業界が全盛期の1982年生まれです。この年代は、就職先がなかなか見つかりにくい時代でした。そのため、仕事に一生懸命で昇格率が高いです。この記事は36歳の年収の平均額と、職業別で年収はどのくらいなのかが書いてあります。

初回公開日:2018年05月11日

更新日:2018年05月11日

記事に記載されている内容は2018年05月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別36歳の年収平均・中央値

日本の36歳は1982年~1983年に生まれた方たちです。この年の音楽業界は「花の82年組」が有名で、中森明菜さん・小泉今日子さんがいます。テレビ業界全盛期と言われていた時代で、今とは違い人権がない社会で育ちました。流行語大賞には「逆噴射」が有名です。この言葉は、「日本航空350便墜落事故」からでました。

年収にも問題がない時代で、詰め込み教育のためエリートが大量にいた時代でした。しかし、自由がなかった時代なので現在でも歴史に残る犯罪があります。小学生を殺害して校門に生首を置いた中学生の犯行事件です。この年に犯人の「酒鬼薔薇聖斗」容疑者が生まれました。バブル時代に近いので、年収に対するストライキはなくなりました。

400万

36歳の400万の年収は一番少ないと言われています。なぜなら、36歳になると会社によりますが昇格している方もいるからです。年収400万だと月33万貰っている計算になります。月33万と聞くと高給取りに見えますが、36歳は家庭を持っている方が多いです。月33万だとマイホームのローンで消えてしまいます。

400万貰っている36歳の方は、男性だと一番平均的で5割の確率です。男性だとサラリーマンの方が多くなっています。この年収は地方にはあまりいなく都会に多い年収です。そのため、都会から見ると36歳の年収では、一般的に家庭を持っているサラリーマンのイメージなのでしょう。

750万

36歳で750万円はエリートレベルの方の年収です。医療関係の方に一番多くて、個人病院の医院長が貰っている年収になります。大病院には少ない額ですが、個人になると小規模なのでそのぶん収入が高いです。月62万なので医者と社長の間の年収なのでしょう。36歳でこの年収だとマイホーム購入時でかなりの貯金です。約4割程度の36歳の男女がもらえています。

女性の場合は、36歳だとほとんどが子育て世代です。中には未婚でキャリアウーマンの方もいます。しかし、女性はいまだに差別社会でこんなにエリートじゃなきゃ上がりません。36歳の女性でこの年収を稼いでいるのは、水商売・女社長の方しかいません。なぜなら、世の女性のほとんどは36歳になるとパート勤務が多いからです。また、専業主婦の場合もあります。

800万

800万になると約3割程度の36歳しかもらっていません。この年代は芸能人がたくさんいますが、給料が高いのでもっと上になります。月66万のレベルは一般の社会人では難しい年収です。最近では副業もありますがそれでもこの年収はありません。あるとしたら男女共通で「自営業」です。

この年齢になると、漫画家などの自営業は大ヒットしない限り続けていません。そのため、コミックを発行したら1年間の年収になります。また、「youtuber」で売れるとこの年収は月収で貰えてしまいます。36歳からyoutuberになる方が増えました。youtuberになるとプライバシーがないため、一気に年収が0円になる場合もあるので注意しましょう。

転職後の36歳の年収平均・中央値

36歳になると転職をする方にはなかにいます。転職先によりますが、何年務めたら昇給する会社に勤めると一気に暮らしが変化します。家庭を持っていたら、ローンの問題で話しあいになることもあります。しかし、未婚の場合は転職先に選択肢の幅が広いです。36歳の年齢で転職する方はあまりいなくて勇気がいます。

36歳は昇格か店を任されることが多いので、簡単には高年収が貰える会社を離れることはしません。しかし、リストラ以外にも自分の意見で転職をされる方が多いです。また、36歳の年齢で転職先は受け入れ先が少ないです。最悪の場合にアルバイトになる可能性があります。

正社員からアルバイト

36歳で安定している正社員から転職する方もいます。また、36歳の年齢は未婚の方もいます。それならもう少し自由が欲しいと、アルバイトとして転職する方も増えました。昔とは違い男性は結婚する必要がないからです。正社員時代も貯金があれば、アルバイト生活になっても生活できます。

アルバイトなので36歳でも高校生と同じの場所もあります。年収は15万前後が多いです。もっと安い場所だと約10万くらいです。独身なので少し減らしても正社員時代の貯金で暮らせます。15万の生活になると正社員時代より少ないですが、逆に節約を覚えたり生きていくうえで役立てます。また、アルバイトになったことで精神面で余裕ができた方もいます。

場所別の36歳の年収平均・中央値

日本で一番年収が低いのは沖縄です。アルバイトでも最低賃金は830円になりました。しかし、沖縄はいまだに710円の場所も普通にあります。また、沖縄の方は給料が低いからか働かない方もいて、36歳になってもお金が足りないから働こうという思考です。沖縄の方の働きっぷりを見たらお金不足になる理由が分かります。無駄に高いと赤字になる可能性が高いからです。

東京

日本の首都東京はどの地域より給料が高いです。アルバイトでも時給が平均900円なくらいです。また、正社員採用の会社が多いので自然と給料が上がります。東京は何でもできる場所なので、年収800程度の方が多いです。アルバイトの方でもそれくらい稼いでいます。36歳になると東京は人脈さえあれば自由業もできます。

地方からお金の欲しさに上京してくる方もいて、東京はどんな職業・年齢でも成功することが多いです。36歳になって自営業したいと考える方もいます。東京にはセミナーなどが豊富にあり、年収も高い状態で暮らしていけるでしょう。お金に困ってしまえば、短期のバイトをすれば東京では36歳でも生きています。

大阪

大阪は繁華街が盛んな都市です。東京ほど年収が高くありません。36歳でも年収は約700万円と言われています。なぜなら、大阪は同じ店が何軒も並んでいるからです。また、格安を売りにしていて売り切れても金額は儲かりません。昔からやっている店舗が多いためか、若者が自営業をしたがる場所です。

正社員ももちろんありますが、ほとんどの方が心に自立したいと考えています。大阪は人がいいので自立したいと考えたら協力してくれます。正社員の方は東京と同じ金額を稼いでいるかたもいます。しかし、そのほとんどが家庭を持っている方です。独身であまりお金に執着していないのか、アルバイトとして働いて人生を楽しむ方たちです。

職業別36歳の年収平均・中央値ランキング

Bottom banner

36歳になると昇給している方が多いです。年収が一番多いと言われているのが、医療関係・芸能関係・自由業になります。職業別になるとかなりの年収の差がでてきます。大卒・高卒で同じ職場でも差がでますし、昇給する確率が変わってきます。36歳は部下のたくさんいる年齢なので、後輩と食事にいった場合におごるお金も必要になります。

4位営業

営業は相手の情報を知らないとできません。営業マンは社会人の仕事で一番重要で、大きな営業先で成功すれば昇格することもあります。36歳になると部下を引き連れて営業するタイプが多いです。アニメの「クレヨンしんちゃん」の野原ひろしの仕事と一緒です。彼は36歳なのに早い出世の係長になっています。

36歳の年収は約30万で自社商品を勧める仕事の割には少ないです。暑い夏でも外に営業するのに、事故で死亡した場合の保険もありません。また、この仕事は36歳になってもまだ続けられる職業になります。なぜなら、若い力を大事にしているからです。高学歴な方ばかりなのもあるのでしょう。

3位教員

36歳の方たちが学生の頃に、優秀な職業場所なのが教員でした。現在はモンスターペアレントで、教師の威厳が減ってきました。年収は25万と子供の教育の割には少ないです。大学教員が一番給料が高いと言われています。35歳の時の教員は体罰全盛期なので、自分たちが教員になったときに優しすぎると言われている世代です。

教員は日本の未来を育てる側なのに対して、給料はとても少なくて人手不足になっています。手当てが多いのが魅力ですが、なんでも体罰になるので就職したがらない年代でもあります。36歳は転職先が見つかりにくい年齢です。そのため、嫌でも教員をしている方が多いと言われています。

2位警察官

警察官は日本の安全を守ってくれる方たちです。警察官の門は高く、専門の学校以外にも強い力が必要になります。年収は国会に関わる警視庁は30万です。そのため、地方警察官は一般人と同じくらいの年収になります。都会では事件が毎日あり忙しい日々を過ごしています。しかし、田舎は夜になると何も起きないことが多いです。

そこから、年収の差がでてきます。36歳になると部下の指導を任されたりして、1人でも町を守れるキャリアが必要です。また、警察官の給料は安いほうですが、自分の国を守りたいからと就職先として選ぶ方がたくさんいます。36歳になるとベテランの地位にあがる職業です。

1位経理

経理の平均年収は400万円で、雇われている状態で差がある職業です。正社員は400万円貰えますが、派遣社員になるともっと少なくなります。また、36歳は就活氷河期の世代なので、なりたい職業ではないかたもたくさんいます。経理はエリートの方しか入れないので、この年代が一番多いです。

女性の方が一番多かったのですが、36歳になるとほとんどが結婚しています。そのため、人手不足に陥っている状態です。最近の若者は経理などの事務職に関心がありません。地味な仕事だと考えていますので、おしゃれな職場を選んでしまいます。経理になってしまっても仕事の辛さで結局、辞めてしまうことになります。

独身女性36歳の年収平均・中央値

最近の女性は結婚願望が少なくて、自由に生きたいと考えています。結婚してもパートにでたりして専業主婦が少ないです。36歳の独身女性は人生を趣味に使っています。そのため、できるだけ時間が短く給料が高い職場を選びがちです。特に、シフト自由な居酒屋さんなどが人気です。夜眠くなければ日中は自由に過ごせます。平均年収は約300万前後が多いです。

役職別36歳の年収分布

日本の年収分布は約300万円と言われています。36歳になると昇格がありますので、もう少し高い方もいるのでしょう。しかし、いくらたっても平社員の場合は定年までこの状態です。現在日本社会は、「労働時間が長いが年収は下がる」状態になっています。そのため、副業に手をだしています。それなのに制限をかけたりして余計に金銭不足です。

実は、30代はこの先の人生で重要な年齢です。この時期に昇格して年収をあげないと、出世はもうないと考えていいでしょう。職業別ではできあいにより給料が特別上がることもあります。しかし、何も変わらないのならこの時期に転職するなり、対策を取っておくのがおすすめです。

課長

一般企業では入社時点で、全員が同じ一般社員からスタートします。そこから実業が認められるとどんどん昇格する仕組みです。係長の次になるのがこの課長になります。課長はそれぞれの課の仕事内容の指示です。また、課の部下の監視も社長から命じられています。健康維持も任されていて、体調が悪い部下に帰宅許可をだすのも仕事です。

また、部下の勤務状態も監視する義務があります。「〇〇は何日〇で休み」など、細かく状態を確認する仕事です。もちろん、重要な仕事もあります。それ以上に任されているのが課長の役割です。ただ、偉そうに座っているわけではありません。

係長

一般社員から昇格してまずなるのが係長です。係長は一般社員と机は変わりませんが、最小単位のチームの責任者をしています。課長からの指示で部下は戸惑うこともあります。そこに、係長がチームに指示をだすことで、上手くできるように誘導する役割です。

また、一般社員の心のケアも任されていて、仕事終わりに飲みに行き悩みを聞くのも仕事です。若者を近くで育てるため、日本の将来としてのプレッシャーもあります。36歳はちょうど係長になる年齢です。係長としての役割をしっかり果たしていたら、次は課長としての役割が社長から任されます。そうなるように入社時点で努力するようにしましょう。

36歳は人生が変わる時期

一般的に36歳は人生が変わり時期でもあります。昇格しやすいのがこの36歳で、年収も大きく変わり独身の方には裕福です。家庭を持っている方にはちょうどいい年収ですが、中には昇格しない方もいて苦しい方もいます。そんな方には転職をするのが一番です。皆さんも人生の分岐点をしっかりと理解して、定年後困らないように貯金を蓄えておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人